2006年03月27日

チムジルバンにて、座浴初体験レポート

以前からチムジルバンの片隅にある「よもぎ座浴」「ハッカ座浴」等の
座浴療法に興味を持っていたのですが、いつもはわんぱく盛りの2歳児(♂)がいるためにチャレンジしきれずにいました。

ところが、先日娘(小1)と二人でチムジルバンに行く機会があり、最近冷え性と頭痛も酷かったので、娘におやつとジュース代を渡して座浴に挑戦することにしました。


○番台(?)のおばさんに「座浴したい」と言う

座浴を始める10分前に言います。(準備に10分かかるそうです)

座浴用椅子の下には電気コンロみたいのがあって、小さなお鍋でお湯を沸かしていました。

椅子に座る直前にお鍋の中に薬材を入れます。薬材は女性の体にいいものを色々混ぜているらしいのですが、やっぱりヨモギの香りが一番強かったです。



○お値段

今回は基本コースの1万ウォンにしました。
疾患のある方向けに12000ウォン〜13000ウォンコースもありました。



○座浴用椅子にすわる

座浴用の椅子はトイレの便座みたいに穴が開いています。椅子の座るところは合成皮革で出来ていて座りやすかったです。

椅子にはひじ掛けがついていますが、これは実はひざ掛けで、座るとき股を開いて、ひざ掛けに足を掛けます。

写真があるともっと解り易いのでしょうが、何しろ女湯の中にあるスペースなもので・・・ちなみに男湯に座浴コーナーは無いそうです。(夫談)

座浴は痔にもいいらしいので男湯にもあるのかなあ、と思ったのですが。



○ガウンをかけてもらう

ガウンの首の部分は案外ゆるゆるで、ここからヨモギの香りがする蒸気が上がってきます。

「座浴がお肌によい」という理由はここにあるのだな、と思いました。

お尻の部分は5分もするとかなり熱くなってくるのですが、蒸気が顔に来る頃にはちょうどいい感じの温度になっています。

ついでに、このヨモギの蒸気は呼吸器系や癒しにも良さそうです。



○10分経過

熱さに耐え切れなくなって、おばさんに言ったら温度を下げてくれました。

目の前に効能が書かれたポスターが掲げられているので読んでみました。

ここの座浴は「座薫(チャフン)」と言って、中国から来たものらしいです。昔、中国の宮中の女たちが、皇帝の愛を受けるために発達したものだ、と書かれていました。



○20分経過

汗だくだくです。係のおばさんがおしぼりで顔を拭いてくれて、ヘアバンドを貸してくれます。ちょっとぬるめの玄米茶がサービスで出てきます。



○30分経過

係のおばさんが冷たいお絞りで顔を覆って、顔面の指圧マッサージをしてくれます。サービスは時間ごとに決まっているみたいです。



○40分経過

最後の仕上げにお絞りで顔を拭いてくれて、ヨーグルト入りの黄土パックを塗ってくれます。

黄土パックは2、3分後に「石鹸で」洗い流すように、とおばさんが教えてくれました。

この日はスッピンで行ったので、本当に「石鹸」で洗顔してきました。という訳で、座浴をするときは洗顔フォームを持っていくべきでしょう。



○終わりに

お金をはらって終わりです。お風呂場にもう一度戻って、顔を洗ってシャワーで体を洗い流します。

ヨモギの蒸気と黄土パックのおかげで顔はツルツルです。

体が温まったおかげで気分も良くなり、表情もニコニコしてしまいます。

娘も「ママ、機嫌いいね!」と言ってくれたりなんかして。



○次の日

体の方はシャワーのみでも良い、とのことだったので、シャワーだけしてきたのですが、次の日の朝、体中かゆくなってしまいました。

石鹸でもう一度洗うべきだったのか、それとも体の中の悪い物質が皮膚から出てきたのか。



また、何度か通い詰めて詳しくレポートしていきたいと思います。


日本で販売されているよもぎ座浴器


posted by くるくり at 11:06 | 韓国よもぎ座浴レポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。